株価は株式を発行している企業にさまざまな影響を与えます。株価の上昇は経営の安定につながりますし、下がれば資金調達などが困難になります。そんな株価と企業の関係を紹介したいと思います。

高砂熱学工業や石原産業の株価

赤字によって倒産の噂も囁かれるのよう、シャープイマイチ株価がパッとせずに伸び悩んでいます。
倒産の可能性があることを考えれば、現在の水準であっても割高だと考える投資家もいますし逆にシャープほどの企業が簡単に倒産するわけがないと踏んで株価の水準が低い現在が買い場だと考える投資家も少なくありません。

このように企業に対する見方というのは人それぞれ違いがあり、同じ企業を分析するにしても今後上昇を予想する投資家もいれば、下落を予想する投資家と二分をされることになります。
そして株価というのは片方の勢力が勝った方向に動くものとなっています。

シャープがイマイチパッとしないのであれば高砂熱学工業や石原産業はどうなのだろうかと、別の東証一部の銘柄に目を向ける投資家も多いものですが、高砂熱学工業に関してはオリンピック特需の恩恵を受けやすい建築業ということと業績も安定していることから、株価も順調に伸びており投資に値する企業となっています。
それに対して石原産業に関しては、上昇するとも下落するともどっちつかずの動きをしていて、一定の範囲で株価の上下を続けています。
しかし、長期的な目線で見れば徐々に底値を切り上げつつあるので、上抜けをすることができればその後大きな上昇の可能性も秘めているだけに、上手く底のほうで拾うことが出き上抜けをすることができれば、大きくね幅をとることが出来る可能性の高い銘柄となっています。

シャープに関しては先行き不透明な状態が依然として続いており、倒産の可能性もゼロではないという認識も市場にはあるため、投資をするさいには十分に注意をして最悪のシナリオを想定して投資をする必要のある銘柄となってしまっています。