株価は株式を発行している企業にさまざまな影響を与えます。株価の上昇は経営の安定につながりますし、下がれば資金調達などが困難になります。そんな株価と企業の関係を紹介したいと思います。

アメリカ経済の堅調さと日立製作所株価

アメリカの堅調な景気回復に合わせ、日本の株価も順調に上昇を続けています。
日本ではアベノミクスと呼ばれる経済政策が奏功し、日本経済は順調に成長しています。
大手企業も過去最高益や、増収増益を重ねています。
雇用の大幅な増加や、賃上げ等で、多くの方に恩恵があり、これが消費の増加を促し、経済をよい循環へと導きます。
日本経済は常にアメリカ経済お影響をつよく受けます。
アメリカで発表される各種経済指標が、翌日の日本のマーケットに大きく影響するのは周知の通りです。
アメリカ経済が堅調であるのは、日本経済や日本株にとってなによりも心強い事です。
世界の基軸通貨であるドルを保有するという事がアメリカの強みですので、その経済変動は、世界に大きな影響を及ぼします。
日本の代表的な企業である日立製作所株価も同様です。
日立製作所は東京証券取引所1部に上場しており、総合電機、重電機メーカーとしてはトップクラスの会社です。
事業も日本国内のみならず世界で事業を行っていますので、完全なグローバル企業です。
日立に限らず、日本の多くの会社はその事業を広く世界で展開しています。
そのような会社にとっては為替の問題もあり、アメリカの景気には非常に敏感になります。
1円の変動で数億円の為替損益が出る世界なので収益や、株価にも非常に大きく影響がでます。
以前のリーマンショック時には世界経済が停滞しました。
それだけ、アメリカの経済政策や企業業績が与える影響が大きいという事です。
日立製作所株価を始め、主要企業の株価はほぼ同じような構造です。
今後の安定した成長にはアメリカ経済の動向を注視する必要があります。
日立製作所株価をそのような観点からみるのも面白い捉え方です。